シェアハウスの清掃について

みなさんこんにちは

 

管理人の古田です。

 

本日はドリーシェの中の生活が分かるよう、普段ドリーシェを清掃していただいている、業者清掃さんについてご紹介します。

 

現在、週3回、入居者さんが少ない平日の午前中に、業者の方が清掃をしています

 

ドリーシェ担当の清掃業者さんはいつも同じ、男性の方です。

ドリーシェに長く携わっていただいています。

私、管理人から見ると、清掃の担当者さんは、お笑いの諸見里大介さんに似ているような似ていないような….。

でも滑舌は悪く有りませんよ。

とても謙虚で、入居者さんからも慕われています。

 

 

 

清掃業者に清掃していただいているエリアは多岐に渡ります。

・男性エリアのお風呂、シャワー室、洗面台トイレ

・女性エリアのお風呂、シャワー室、洗面台トイレ

・トイレットペーパーの補充

・共有キッチンのガスコンロ3ヶ所、シンク3ヶ所

・消耗品の補充

・リビングダイニングの床清掃

・廊下の床清掃

・交換したタオルの洗濯

 

これらを週3回の清掃で、1周するように清掃しています。

キッチンなど多くの入居者さんが利用して汚れてしまった場合は、複数回対応していただくこともあります。

 

この量を限られた時間で清掃するわけですから、いつもテキパキ作業されています。

 

いつもこの清掃業者さんのおかげで、ドリーシェはオープンしてから6年経過していると思えないほど、キレイに保たれているんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

次回は入居者さんが行う当番についてご紹介させていただきます。



コメントは受け付けていません。

Top