ドリーシェ内の情報共有について

みなさんこんにちは

ドリーシェ管理人の古田です。

本日はシェアハウスでの、情報共有方法についてご紹介をさせていただきます。

 

現在ドリーシェには、「グループLINE」と共用部にある「黒板」での2つの情報共有方法があります。

 

■グループLINEの役割

・来客や宿泊のお知らせ

・管理会社からのお知らせ

・作った料理などのシェアのお知らせ

・皆さんへのお願い

 

ドリーシェに居ない方でも見れて、新鮮な情報を早く見ていただきたい時に使っています。

 

 

 

 

■黒板の役割

・シェアハウス内のイベントを開催するときのお知らせと参加者書き込み

・管理会社からの継続的なお知らせ

・セミナールーム個人使用時の予約

・リビングダイニングキッチンでのイベントの開催時の予約とお知らせ

 

継続的なお知らせやイベントの参加者を募ったりするときに使用しています。

通り道にある黒板なので、繰り返し視界に入ることで「リマインド」になっています。

最大24名入居できるシェアハウスのため、効率よく情報が共有できるよう工夫してます。

ご見学の際は、シェアハウス初心者の方にも分かりやすよう丁寧にお伝えさせていただきます。

ぜひこちらからお問合せ下さい。

 



コメントは受け付けていません。

Top